■漢方だからといって副作用がないわけではない

 

・勘違いされている漢方
・漢方と副作用
・煎じ薬と漢方エキス
・副作用は本当はない?

 

漢方薬は、「自然の植物を使っている」「100%植物だから安心」という認識がありますよね。
漢方は、中国から伝わる伝統のある意味の深い薬というイメージです。

 

 

ですが、稀に体に合わないこともあると友人が話していたので副作用が全くないとの認識は
私にはありませんでした。
その理由ですが、漢方を服用すると最初は体の毒素を外に出そうとする作用が働くとのこと。

 

 

ですから、使い始めは、気分が悪かったり、患部が悪化したり(塗り薬の場合)する場合がある。
それを過ぎれば、嘘のように状態が良くなると…。

 

 

漢方薬は、最初の毒だしの時点で自分には合わない…と止めてしまう方が多くいると東洋医学のサイトで読んだことがあります。
でも、”そうゆう場合もある”…という認識にとどめておいたほうが良さそうです。

 

 

調べてみますと、漢方薬にも生産地などで質が変わるとのこと。
野菜と一緒で、成分が年によっても違うし、出来も違う…効き目も違うのでしょう。

 

 

更に、煎じて飲む漢方と、エキスだけ抽出して粉にしたものでは効果も違う。
エキスのほうは、粉になっていて飲みやすいですが、独特の香りが楽しめないとのこと。

 

 

効き目に関しては、ほぼ同じみたいです。
そして、しっかり漢方を効かせるためには、医師又は薬剤師の問診が必要らしいですよ。

 

 

体に合わない…副作用がある…というのは、漢方薬剤師によると「正しく処方されていないだけ」。
煎じて飲む漢方は、煎じている時の香りがアロマのように部屋全体を包んでくれ、
リラックス効果もありそうです。

 

 

最近、姑がメニエール病で漢方を煎じて飲むよう病院で処方してもらっていたのですが、
部屋中ものすごい香り!
いるだけで健康になりそうな香りでしたよ。

 

 

煎じ薬は、大きな漢方薬局に行かないとなかなか手に入らないですが、
一度は質の良い漢方を試してみたいと思っています。
どこか不調になって、病院で診察を受けた後ですけどね。

 

 

製薬会社によって、同じ名前の漢方であっても、効き目を強くしたり、ある成分を多くしたり少なくしたり…。
その会社によって、こだわって作っているらしいんです。

 

 

体に合わないことはない…毒素を出している間だけ体調が悪い…
このことに関しては、信憑性がないかもしれませんので医師へ相談・質問してみるといいでしょう。

 

 

■腎臓、肝臓への影響

 

・どうして?腎臓、肝臓へ影響するのか
・その理由は…混ぜ物
・死亡するケースも…
・国産の漢方を使って!

 

漢方だからといって、副作用や危険な状態になってしまう危険性がゼロではないことは知っておきたいことの1つ。
私も、漢方薬局を良く利用しているので、人ごとだとは思っていません。

 

 

どちらかと言うと、副作用で気分が悪くなったり、途中で止めざるを得ない状況になり得ないくらいです。
それはどうゆうことかと言うとー…効いているのかハッキリわからない!ということ。

 

 

漢方薬局の薬剤師さんは勉強熱心で、私の症状に親身になって相談に乗ってくれます。
でも、どう体が変わったのか…わからないのが正直なところです。(・∀・;)

 

 

ですが、飲まないよりは飲んでいたほうが健康維持にも繋がるだろうと続けています。
こうして信頼できる薬剤師さんがいるから購入しているわけです。

 

 

なんとなく安心と思われていた漢方薬が、腎臓や肝臓へ影響があるとの問題があります。
こうなると、気分が悪くなるどころの話じゃないですよね。

 

 

調べてみると、海外での漢方薬による腎臓、肝臓障害が相次いで報告されているとのこと。
いずれも、漢方薬に混入した他の植物が原因ではないか…との理由だそう。

 

 

ん?他の植物?そんなことってあるの?と思いましたが、米国では漢方薬は健康食品の1つとして考えられているそう。
医薬品と違い、効果効能、安全性の確認は必要がない、又、製造者が成分の内容や量を
保証する必要もないのだとか…

 

 

間違えて他の毒性のある植物を使用したり、混ぜてしまったり…
米国での調査で、輸入漢方薬には様々なものが混入している可能性が高いとのこと。

 

 

漢方薬で肝障害を起こし、死亡した例もあるようです…。
海外での、漢方薬に対する規制がもっと厳しくなるといいのですが。

 

 

漢方を使用するのであれば、日本で医薬品として認可されているものを使ったほうが安全ですね。
そして、腎臓・肝臓を患っている方は、医師への相談は欠かせません。

 

 

病院で処方してもらっている、もしくは市販薬でも、漢方薬との飲み合わせが悪いと、
肝機能に負担をかける結果になるそうです。
気をつけてくださいね。